カジノが世界各国経済に及ぼす影響

スロットマシンは、世界の娯楽産業の重要な一部です。故に、カジノもまた、経済の成長において有意な要素であると考えなければなりません。カジノ産業で世界的に著名な都市がいくつかあり、そうした都市はそれぞれの国内でも経済的に主要な位置を占めています。カジノは観光スポットにもなり得るため、観光産業の一部として追加的収入が見込める点も無視できません。

ギャンブルに対して規制がかけられている国も複数あり、賭け事を楽しんだ個人が罰せられることもあります。しかし、ギャンブル関連の企業を法的に罰することは、前述の理由により、経済上無視できない規模の産業を放棄してしまうことに等しいのです。ギャンブルに対して規制を行っている政府にとっても、事業としてのカジノやギャンブルを認可することの得失について検討してみることには意味があります。

ギャンブルは、不合理かつ非道徳的で賢明な行為とは言えないとの理由から、他の娯楽事業と区別し、これを行わない者も高い社会的・経済的コストを負担することになるとの考えも一定数存在します。カジノ合法化は論争の源とならざるを得ません。とは言うものの、カジノに関する道徳的な観点からの議論や宗教的な見地からの批判は多くの文化圏で徐々に減少しています。米国では、カジノ側が人々の意向に敏感に対応する傾向が強まっていることも見逃せない事実です。

それでは、カジノを設立することは経済成長に実際に役立つのでしょうか?

カジノが経済に対して悪影響を与えるかどうかについては不明なままです。米国ゲーミング協会(AGA)の認識は、カジノが経済成長に貢献することはあり得るものの、カジノは外的なマクロ経済の影響を受け易いというものです。

経済の不安定さ、消費者の信頼、個人消費もカジノの来場客数や収益に影響します。また、不況時には、消費者はギャンブルという娯楽を控えるものです。カジノ産業も不況の影響を受けるなら、カジノが存在してもその地域の財政的な苦境に対しては、何ら役に立たないということになります。

それに加えて、カジノ産業の拡大が飽和すると、業界内での競争が発生します。そして長期的には、カジノの地域社会に対する経済的な効果の消失につながるという展開もあり得るのです。

2003年から2012年の間、カジノ産業の成長により、一人当たりの所得が短期的には0.4%、長期的には0/5%上昇すると予測されました。

同2003年から2012年の10年間で、給与雇用率は0.71%増加すると予測され、その影響は堅調でしたが、各国地域での効果を検証したところ0.67%に留まりました。

カジノ事業の負の側面については明確な証拠があります。ギャンブル関連した行動上の問題だけでなく、個人や家族の、あるいは、社会的、経済的問題も含まれています。

カジノは犯罪率上昇の誘因となり、カジノからの距離が大きくなるに従って犯罪率は減少します。また、破産を起こす率もカジノに地理的に近いほど大きくなる傾向があります。

政策立案者や地域社会のリーダーやディベロッパーは、カジノの是非についての議論では依然としてギャンブルの社会的コストが重要なポイントであることを念頭に置いておく必要があります。経済的なメリットが短期的あるいは限定的でありながら、社会的なコストが長期または永続的となる可能性があるなら、目先の利益を重視するのではなく、正負の両面を体系的に比較検討しなければなりません。

オンラインスロットマシン

初めてオンラインスロットの多種多様なラインアップを目にすると圧倒されるかもしれません。しかし、すぐにいくつかの選択肢が示され、お好みのジャンルに導かれます。反応の良いウェブサイト上では、いずれのページも瞬時に表示され、またページ間の移動も素早く快適です。

情景にぴったりのグラフィックを備えた壮大な冒険がお好みなら、「物語と伝説」のページがおすすめです。素晴らしいストーリーの語り方を知り抜いたオンラインスロットがご来訪をお待ちしています。大作映画やテレビドラムのお気に入りのキャラクターが勢揃いです。ファミリーガイの主人公ピーター・グリフィンやゴーストバスターズのスライマーと一緒にスピンをお楽しみください。

通常のオンラインスロットマシンと同様に作動し、少額賞金はゲットしやすいですが、大きな当りを逃すリスクは常にあります。マシンの賞金の合計は数百万ポンドに上ることもあり、プレイはいつでも開始可能です。